FC2ブログ

笹本塾

ドラードギャラリーの画塾にまた参加いたしました。
今回は日本画のそれは美しく妖しい美少女をお描きになる笹本正明先生です。
先生の作品は大好きです。

土日2日連続講座で、作画、額作りの2コースです。

18センチ角のボードに膠キャンバスを貼り、そこにクラックベースで下地づくり。
ここまではノウハウをお伝えくださり、先生が作ってきてくださりました。

何やら難しいようです。秘伝?

材料だけは買ってみたので後ほどチャレンジしてみよう。

IMG_8128.jpg

この下図を持って行ったのですが、ろうそくは要らない、と、先生。
手を描くのが自信がなかったので
ラトゥール風に顔以外は暗くしてごまかそうとしたのですが・・・

手の描き方なども解説していただき
バッグを暗くすることに。

IMG_8131.jpg
8A602866-CCA8-48D0-AFFB-D835C054F525.jpg

クラックベースによるひびわれの効いた画面。

アートグルーを塗り、金砂子をまき
雁皮紙を貼って。

そしてまた描き起こす

すごく凝った画面作りです。

つい陰影などをしつこく描写しようとすると先生からストップがかかる。

絵と同時に額も作ります。

IMG_8149.jpg


一番大変な木枠は先生がやってきてくれて、傷も埋めたり、色を付けやすいように処理もしてきてくださった。

IMG_8159.jpg
IMG_8169.jpg


側面は黒い革張り。

そこに保護テープを張って、表面を塗る。

初めと裏面は水性アクリル塗料ですが
仕上げは岩絵の具!!

4回も塗り重ねる。

IMG_8164.jpg
IMG_8168.jpg
IMG_8192.jpg

けっこう先生頼み・・・

先生も生徒が怪しげなことをしていると見ていられない質。


IMG_8198.jpg

赤いフェルトを張り込み、完成がみえてきました。
裏板をはり、アクリル板もつきます。

この額に模様というか意匠を描き込みます

IMG_8148.jpg
 
実力が違うけど
先生のお手本。

蝶の画家らしく
額縁に
IMG_8176.jpg
IMG_8175.jpg

こんな感じ。
私は何を描こう?

とにかくこの額に絵を仕上げて装丁して、

8/27~31まで
ドラードギャラリーにて、笹本正明&塾生の展覧会に出品いたします。

ご高覧くださる方がたくさんいらっしゃいますように。

スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR