FC2ブログ

シャガ

A3327515-BF47-4ADF-807D-E22DE3F0697A.jpg

毎年、5月にはシャガが花をつける。
ちょっと日陰者のイメージのある花だが、けなげに樹々の根元に咲いている。

ガーデニングに凝った美しいお庭が近所にもあって、それはとても素敵。
我が家もリハビリ中の夫がかなりがんばってくれていて、庭に雑草はあまり生えていない。でもお洒落に花々が咲き誇って・・というわけではない。夫がまた、結構、花を引っこ抜いてくれちゃったりもするので。
かなりこざっぱりしている。

でも、シャガと、よくわからない黄色い花と、紫陽花と、ギボウシはそのまま抜かれることなく季節季節に花を見せてくれている。

また、今年も会えたね。

人間の方がそうもいかない

先日同級生が亡くなった。
何時も細やかな気配りをしてくれる別の同級生から訃報をきいた。
亡くなった彼は優秀で医者もしていたのだが、学校時代はなんとなく近づきがたく、卒業後ももちろん交流もなく、数年前の同窓会で偶然話をする機会があり、はじめて、その人となりを知った気がする。
友だち思いの優しい人だがなんとも不器用な人でもあった。

さらに、ひょんなことから、医者であった彼の患者のご家族とも知り合いになった。
その方のお話によると、主治医としての彼は私が今まで感じていた彼とは違い、よく話を聴いてくれる
誠実な温かみのある印象を受けた。
他人の一面すらきちんと見ていなかった自分を恥じる思いを抱いた。

大変な読書家でもあるし、これからいろいろな話ができるといいな、と思っていた矢先
病に倒れたという知らせを聞き
お見舞いに行ったのだった。
その時の病室の彼はちょっと
困ったような様子であったが元気だった。
退院してからはなんとなくタイミングが合わず会うことができなかった。
また、その内と思っていたら
彼は旅立ってしまった。

ここのところ本当にいろいろなお別れを経験している。

誰かと共有できる時間そのかけがえのなさをしみじみ思う。

実は我が家のシャガを絵にするのは初めて。

旅だった彼を偲び、安らかな眠りを願う。
スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR