FC2ブログ

結婚祝い

IMG_7119.jpg

従兄弟から、同じ会社で働く方の結婚祝いの注文をいただきました。

手持ちの作品から
そのご本人にも写真で選んでいただき、

トチノキにボタンを描いた作品に決まりました。

IMG_7135_convert_20200131143602.jpg

この支持体の木は
日光に生えていた
樹齢400年近い古木でした。
道路の拡張にかかり、伐採されることになったのですが
ちょうどそのころ
栃木県庁新築工事のタイミングで、
県内企業経営者の皆様を中心にトチノキ転生プロジェクトが発足。
彫刻家 江口週先生の作品として生まれ変わり
県庁エントランスロビーに設置されることになりました。

IMG_7136.jpg


この木の伐採から
作品作り、県庁の工事に関わる方々とご縁をいただき
使われた木の板をいただくことができました。

その木を磨き
漆をかけたりして作品を作らせていただきました。

2014年の個展の際にもいくつか作品を展示しました。
この作品もその一つです。

ほかには、

IMG_7134_convert_20200131143540.jpg

IMG_7133_convert_20200131143520.jpg

こちらは会場に飾ったもの
IMG_7132_convert_20200131143452.jpg





今お世話になっているドラードさんの展覧会に初めて飾っていただいたのも
この木を使った作品でした。

IMG_7137_convert_20200131143625.jpg
この作品はいまも
我が家に飾ってあります。

でもそれぞれ懐かしく思い出深いものばかり。

おかげさまでお買い上げいただいたものも多く
現在残っているのは
桜が弧状にかかれている板絵だけです。

ところで、作品を送るのに
箱がない!!

そこで初めの写真に写っている差し箱

段ボールを買ってきて頑張って作りました。

段ボールが1800ミリ×1200ミリと大きすぎるので
カットしてもらって
作品の大きさにあわせて
怪しげな展開図を考え

IMG_7116.jpg


箱のふたを止める文化鋲も名前を初めて知りました。
「書類入れる紙袋とか、箱のふたについてる赤わっか二つで片方にひもがついてくるくるするやつ・・」といったらすぐにわかってくれまして。
ただ、使い方を聞かなかったので一度失敗したり・・

ふ~~。

不器用だけど頑張りました。それなりに。


作品を迎えてくださった
お二人
末永くお幸せでありますように!!
スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR