FC2ブログ

エドワード・ゴーリー展

IMG_1890.jpg

10月7日に内覧会、レセプションがあったので、ずいぶん時間がたってしまっていますが、
会期終了までにもう一度じっくり行きたいと思ってます。

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 展

一番初めに読んだのは
「不幸な子ども」
カリカリ精緻に描かれた怖そうな雰囲気は私のストライクゾーンだし、
タイトルにもそそられて・・

読んだあとは、「嫌なもの、みちゃった~!」が率直な感想だった。
これ、子どもみたら
トラウマになるよ・・
大体、フランダースの犬とか、マッチ売りの少女とか、子どもが死んじゃう話は大嫌いな私。
小公女も途中が辛くて読めない心弱い私なのです。

でも!
もう見てしまったから
ゴーリーの手から逃れられない。
やはり
魅かれてしまう。
世界中に熱狂的なファンがいるのもうなずける。
もっともっと
ゴーリー作品に漬かりたくなるのはなぜだろう。

なにはともあれ
必見の美術展。
宇都宮美術館でこれがみられるなんて!!

ミュージアムショップにもゴーリー絵本がたくさん。
ワークショップ、講演会も充実。
内覧会にいらっしゃっていた、
この方なくてはゴーリーが日本でこれだけ支持を得なかっただろう
名翻訳の柴田氏にお会いできたのも幸せ。

また絶対に行きます。
スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR