FC2ブログ

梵寿綱と巡る「生命の讃歌」ツアー

梵先生の建築写真集「生命の讃歌」が発刊されました。
もちろんゲット


16996043_898589133578164_2905382930254250788_n_convert_20170315134455.jpg

16997776_898591906911220_1486456187597400890_n_convert_20170315134530.jpg
この帯
特別バージョン。
しかも梵寿綱印も押していただいた!

それはさておき
発刊を祈念して
和田菜穂子さん率いる
アクセスポイントさんが
ツアーを企画されましたので
渡りに船と参加させていただきました。

2017.3.12 日曜日です。
関係ないけどこの日サウジアラビアの王様が1000人のお付きを連れてやはり東京入りなさってます。

都内に散らばる梵建築、一度見たかったのです。

池袋東口に集合してツアー開始。ワクワク
IMG_0228.jpg

こんなに駅から近かったんだ!まずは斐禮祈(平喜や酒屋さんご依頼)
賢者の石・・生活の価値観を錬金術的に変化させる・・なんて素敵
IMG_0232.jpg

IMG_0229.jpg
特徴的なコーナーの丸窓
真実を見極める瞳のような
エントランスもドキドキします。
このタイルモザイクだって半端ない。

IMG_0282.jpg

ロビーに置かれた女体をかたどった椅子。ちゃっかり座ったので見えませんが。

IMG_0285.jpg

IMG_0274.jpg

梵先生の建物に必ず使われているこの有機的な鉄の扉。
どれも素敵。
アートコンプレックス活動に集まった梵ファミリーともいえる手わざの持ち主たちの作り出すものはすべて蠱惑的だ。
タイル、壁、真鍮の意匠。



ここからほど近くにファサードのみの耀く器 ヴェッセル
IMG_0237.jpg

IMG_0266.jpg

こういうところが好き

IMG_0233.jpg

IMG_0235.jpg

ここから
都電に乗って
早稲田に
私が初めて梵寿綱を知ったドラード早稲田 和世蛇がある。
ドラードギャラリーでお世話になるようになって何度足を運んだろう。
個展もやらせていただいたし。

私にとっての梵建築の原点
IMG_0308.jpg

IMG_0310.jpg

IMG_0302.jpg

IMG_0314.jpg

IMG_0320.jpg

やっぱり
いいわあ~!!

IMG_0322.jpg
異界に誘う手。
極楽へ、かしら。

ここで梵先生のお話を聴き
調度開催中のドラードオーナーの小原さんの個展も見られた。
ラッキー!!

IMG_0560.jpg

集合写真

建築史を学ぶ学生さん、建築士さん、デザインを生業になさる方、歴女さん、お城マニアサン・・参加メンバーも一癖も二癖もある方ばかり。でもとても楽しい話ができ、終わりのころには連帯感が生まれたような。

近くに梵建築初期作品の民家が
IMG_0324.jpg
やはり塀の形が怪しい・・
全然知らなかったけど。


ここから
代田橋まで行き

舞都和亜を見学
まずはラポルタ和泉
IMG_0328.jpg

賃貸住宅。
いいなあ、住んでいる人。
でも電線に阻まれ飛び立てなさそうなペガサス。


IMG_0333.jpg

IMG_0335.jpg

IMG_0338.jpg
中に入るとやはり
異界

ステンドグラスが美しい。

人体レリーフ
いつのまに金髪に?
IMG_0364.jpg

IMG_0353.jpg
壁にこれだけの手間暇を・・・

勝手にやっちゃうんだよね~と笑い飛ばす梵先生。
IMG_0564.jpg


でも
梵寿綱だから
こういう手わざを持った職人が集まるんだろうな、と勝手に納得。

続いてマインド和亜
住宅公団賃貸住宅

こんなの建てちゃうなんて
担当者も凄いわ。

IMG_0375.jpg

IMG_0367.jpg

IMG_0366.jpg

ガンダムモビルスーツみたいなエントランス外観に
いちいちこだわりまくりの外壁


天井も床も凄いんだよね

IMG_0384.jpg

IMG_0386.jpg

IMG_0389.jpg


そして
中庭

5階まで吹き抜け

なんて素敵な空間

梵先生と一緒だから
堂々と上まで入れた
ありがたや~
IMG_0563.jpg

IMG_0458.jpg

IMG_0456.jpg

IMG_0390.jpg

IMG_0451.jpg

IMG_0425.jpg

IMG_0424.jpg

IMG_0406.jpg

IMG_0398.jpg

IMG_0411.jpg



もううっとり

マンホールにも遊びが
IMG_0454.jpg

秘密の場所
IMG_0444.jpg

こんな子がいたり
IMG_0438.jpg

そして
ここは入れないだろうなあと思っていた
向台老人ホーム
無量寿舞

ここにも来られた・・・

IMG_0469.jpg

IMG_0471.jpg

胸が熱くなります。


誰にも訪れる死
それを迎え入れるための日々を過ごす空間

それをある種祝祭的な霊安室を中心に
建物を作り上げた梵寿綱
天才だと思う。


IMG_0462.jpg

IMG_0476.jpg

はじめからあったけやきを
生命の木と位置付けて
霊安室を組み立てていったという
「この建物に入った人たちはここから元気にでていくわけではないんだよね」と
その守役でしょうか

IMG_0487.jpg
 
大きくなって周りが盛り上がってきた
人より長く生きていくことだろう

IMG_0496.jpg

IMG_0492.jpg

IMG_0478.jpg

入り口付近には
慈母が
IMG_0568.jpg



天使も
IMG_0474.jpg



足元だって気を抜かない
IMG_0480.jpg

IMG_0505.jpg

暮らしの場のエントランス
IMG_0502.jpg

つのつのを下から見ると・・
IMG_0511.jpg
こういうの
いいよねえ

IMG_0513.jpg

IMG_0514.jpg
 意匠の館

IMG_0524.jpg

IMG_0517.jpg
 この
つやつやのしっくい
どうやってこて仕上げするの

IMG_0532.jpg


ストレッチャーで運ばれることも考えて天井が楽しく作られている
何号室・・というより
お雛様の部屋、とか・・・
様々な歳時記で彩られた天井の廊下
IMG_0536.jpg

IMG_0526.jpg



秘密の中庭
IMG_0527.jpg

そして霊安室

導き迎える手
IMG_0548.jpg

ご遺体が横たわる大いなる手

IMG_0546.jpg

お風呂がまたいいの!
IMG_0553.jpg

IMG_0551.jpg

漆喰の職人さんが
夜飲んでる最中に思いついて
遊びで作ったという壁の変顔意匠
おもしろーい

IMG_0552.jpg

こんなこどもっぽいところも
おおらかににのみこみところがすばらしい


めくるめく梵ワールドを旅した一日
魔法の日

楽しかった
スポンサーサイト



Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR