FC2ブログ

榎俊幸賞

IMG_9046_convert_20201224213808.jpg

こちらは榎俊幸先生です

先生の絵はほんとうにすごくて
尊敬しております。

そしてその先生が
今回私の絵を目にとめてくださって
榎賞を受賞させていただきました。

自分は一度だけですが先生のワークショップに参加させていただきました。

そのとき
日本画の模写をミクストメディアで体験いたしました。

65213A84-C8E9-4181-8027-91052116565B.jpg

今回のこの絵も
榎先生、笹本先生の絵をものすごく参考にしているのです。実は
スポンサーサイト



サンタdeラン 今年はクリーン作戦にeスポーツの クリスマス

IMG_9006.jpg
IMG_9008.jpg
毎年恒例のサンタdeラン
今年はいろいろなイベントが中止になりましたが
抱き合わせ&シンプル かつ ソーシャルディスタンスとりつつ
要するにコロナに気を付けて!

開催となりました。

場所は近頃全面に雨よけの屋根がかかったオリオンスクエア。

子どもたちの貧困問題をなんとかしよう!というチャリティです。

サンタやクリスマスにちなんだコスチュームに身を包んだ団体個人がパレード&ゴミ拾い、参加費&寄付を集めて
子どもの問題に取り組む団体支援に繋げます。

私は裏方
IMG_9011.jpg

パレードも出発
IMG_9014.jpg

会場を盛り上げてくれた
チアダンスのグループの皆さま

寒そう・・
でもかっこよかった
IMG_9018.jpg

ありがとうございました!

2020創作表現者展

IMG_8991.jpg

今年も創作表現者展に参加させていただきました。
ドラードギャラリーのオーナーの小原氏とFBでつながり、
2014年第4回の創作表現者展にて
はじめてドラードさんに作品を飾っていただいた
そんな思い出深い展覧会です。

それまでそんなに作品を発表してこなかったので
(まして、SNS上では)
ドキドキでした。
あれから6年経つんですね。
少しは進歩しているんだろうか・・。

今年は
「花になる」
IMG_8943.jpg

笹本塾で習った砂子撒き~

途中紆余曲折ありまして

初めの顔
これも嫌いじゃないんですが
もうちょっと
血の通った表情にしたいな・・

何だかいじっているうちに顔の向きがずれてきました

IMG_8933.jpg


IMG_8940.jpg

ん~

で、さっきの仕上がりで
締め切りを迎えました・・・

アップ!

65213A84-C8E9-4181-8027-91052116565B.jpg

お買い上げ作品

IMG_7199 (3)

この前の猫に続き
こちらもお買い上げが決まりました。

そもそも
個展に来てくれたずっと応援してくれている方が
販売可能な作品首阿新が見たいとおっしゃってくださり
簡単なカタログをお送りして
そこから
買って下さっているのです。

この猫シリーズは
4作品あり、
これで完売となりました。

ありがとうございました。

ヒカワユタカ展

IMG_8952.jpg

榎塾、友田塾
いずれもお世話になっているドラードギャラリーの企画ですが
これらのワークショップでご一緒させていただいた
樋川豊さんから個展のご案内をいただきました。

このDMの写真もとても素敵


お伺いするとギャラリーいっぱいに新作が並び
油絵とテンペラを併用した古館もかかりそうな作品がぎっしり。

なんてパワフル

樋川さんの静謐で少しダークな
それでいて温もりのある
世界観
とても素敵でした。

時々SNSに投稿されているデッサンもすばらしく建石先生の教室にもかよわれているという
学びの姿勢も半端ないです。

もともと美術を学んでこられたわけではないという経歴にも驚きました。

IMG_8946.jpg


この作品を購入させていただきました

会場で一番に目をひかれまして。

高田美苗さんに額作りを習って作ったとのこと。

コレマタ凄い

会場の三浦次郎ギャラリーbisの上では

ギャラリー企画の売れっ子作家さんたちの企画展
パンドラの箱展が

篠塚はるみさんも(樋川さんの会場でもお会いできてうれしかった)
圧巻の作品を出品されていました。

IMG_8953.jpg



チャイルドラインとちぎ20周年

おかげ様でチャイルドラインとちぎは設立20周年を迎えます。
子どもの権利条約の理念を実現する社会構築を目指し
子どもの心の居場所作りに取り組んでまいりました。

チャイルドラインは
電話から始まり現在はオンラインのチャットのアクセスも含め
子どもたちが毎日無料でアクセスできる場を設けております。

今年は何しろ新型コロナウイルス感染症の拡大という思いもよらなかった事態となり
10周年の時のような
記念講演会、シンポジウム、祝賀会などは行わず
その分、貴重な資料ともなるように、
子どもたちの20年の声とそれを受けとめてきた私たちの活動をもとにした記念誌作りに力を注ぐことといたしました。

とりあえず10年前も描きましたが
表紙の絵を担当させていただきました。

IMG_8900 (3)

夏っぽい・・

好きなものを集めたらこうなってしまいました

「ピュア」な心をテーマに


お買い上げ

IMG_7197 (3)
 
身繕い

猫の絵が気に入って頂けて
お買い上げとなりました。

4展同時に昨年描いた絵です。

自分でも結構気に入ってます。

この子は、結婚された方の新居にお届けというとてもうれしい旅立ちを迎えました。

IMG_8884.jpg

額装の図。

可愛がってもらえますように。

FUKA展のご褒美

なんというか
プレゼントってうれしい。

第4回FUKA展で3つ賞をいただいたのでこれが届きました

IMG_8894.jpg
 
最近消耗品の筆にあまりお金をかけられず、先のすり減った面相をいじましく使っていたり、100均の筆も結構愛用している私。

でも、コリンスキーやイタチ。セーブルなんかを使ったいい感じの筆が届いた!
ホルベイン賞!
ありがたいです。

芝田町画廊さん、ブラウカッツェさんでは個展開催の権利となかなか緊張するご褒美もいただいてます。


IMG_8592.jpg

この作品をそんなにたくさんの方が認めてくださって感激なのです。

栃木の一流 出版パーティー写真

栃木の一流出版記念パ0ティの写真を主催者の方が送ってくださったので何枚か載せちゃう。

IMG_8875 (3)

横断幕
立派だ・・

音楽会から始まりました。

IMG_8876 (3)
IMG_8877 (3)

やはり本に掲載のアーティストの皆さまです。
音楽ができる人って
本当に羨ましいです。
音楽にとんと愛されなかった私・・

IMG_8879 (3)
IMG_8878_(3)_convert_20201209123848.jpg


名前を紹介されてご挨拶ぺこりの時。竹ちゃんのお友だちからいただいたルイ・フェローのスーツ着用。最近頂き物の服が多くてちょっと大きくても古めのデザインでも構わず着させていただいてます。おかげですっかり服を買わなくなってしまった・・。

ちとせさんの印象戦略のお話もためになりました。

IMG_8882.jpg


集合写真

IMG_8881_convert_20201209123229.jpg

栃木の一流

IMG_8871.jpg

たいへん
畏れ多いことに
栃木の一流なる本に私を掲載して気宇出さるというお話が来ました。

「いやいや、とんでもない!」とご辞退申し上げましたが
出版社のいちご広告様は
チャイルドラインとちぎでもお世話になって
橋本社長は前から存じ上げていて
何かと目をかけてくださっていたのでした。

ありがたい・・

そんなわけで
IMG_8872.jpg


とてもすてきなページをつくってくださいました。

今回はって
続くわけではありませんが
そもそもバリバリ絵を描き出した10年前の墨絵とのであい、NPOとのこと
中学時代に初めて描いた油絵などを載せていただきました。
ホントに感謝です!!

昨日は夏にもとまった
日本最古のクラシックホテルで
出版記念パーティー

IMG_8870_convert_20201208092825.jpg
IMG_8869_convert_20201208092752.jpg


今回本に掲載された本当に一流の方々とお会いし
クラシックコンサートや
印象の大切さを伝える講演会なども堪能したという
幸せな日を過ごしました。

殺しは2回も金谷ホテルでお食事したり宿泊したり
それも幸せ



鬼滅の刃

とどまることを知らない
破竹の勢い

とにかくすごい人気の「鬼滅の刃」

もはや社会現象ですね

新型コロナ蔓延の閉そく感も後押ししているのか

でも自分も流行に乗って
配信になっているアニメは見られるところだけひっそりとみていました。
映画はまだだけど。

去年から
若い子の髪の色みて
「あ、鬼滅カラーだな・・」なんてこっそり思ったりしていました。

IMG_8838.jpg

この前のドラえもんの全面広告もじーんと来たけど、
鬼滅の刃に関しては

コンビニで全紙買ってしまった・・
讀賣、朝日、毎日、産経、日経、各紙ごとに違うキャラクターなんだもの・・
期せずして6紙もの新聞を読む機会ができて
勉強になりました。

トップに来る記事や論調がやはり違って面白いです。

よみうりカルチャー

IMG_8833.jpg

よみうりカルチャー宇都宮で
色鉛筆画の講座を開いて
かれこれ20年以上になるのではないだろうか。

実は
一度始めたことは
途中でやめない性格だとおもう。

意志が強いのではなく
たぶん、
環境を変えるのが苦手だったりする性格のためだと思うのだが
(チャレンジ精神の反対か?!)

受講生の方たちをみていると
それぞれステップアップされて
継続は力という言葉が頭に浮かびます。

自分もそうありたい。


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR