FC2ブログ

花の絵

ここのところ空模様のように
少々憂鬱
いろいろ重なり疲れ気味。

でもよみうりカルチャー始まり、手元にモチーフの花がたくさんあるのはうれしい状態。

そんなわけで
モチーフ組んで描いてみました特集です。

IMG_7869.jpg
ちょっと変わりました


不安定な気分を象徴した変な構図
IMG_7870.jpg


IMG_7871.jpg
スポンサーサイト



金継ぎ

IMG_7829_convert_20200616104935.jpg

40年近く付き合いのある友だち
牛田恭子さんが
金継ぎを始めたと何年か前に聞きました。

それだ!
と、
このカップをお願いしたのでした。

このカップ&ソーサーは
これまた、何十年も前に
私が初めて一人旅をし、京都にいったとき
ふらりと立ち寄った
白川界隈の骨董品店の片隅にあったのです。

なんとなく惹きつけられ、お値段もリーズナブルだったもので、
買って帰りました。

それから、何度かの引っ越し、結婚し、子どもができて、その間ずっと一緒に過ごしてきましたが
いつの間にか縁が欠け、持ち主と一緒の経年劣化・・。

そこで、牛田さんに頼んでみたのです。

引き受けてくれた彼女は
私よりずっとしっかり点検し、
見逃していたひびをみつけ
どう直すか
事細かに予定を説明してくれました

そして、見事!

IMG_7833_convert_20200616105002.jpg

ここも
IMG_7832.jpg


全体
IMG_7828 (3)


細かいひびは完全に見えなくなっています。

割れたものをくっつけたわけではないので
筋が大きく入った金繕いではありません。

縁にポン、ポンと金がのって
金魚もうれしそう。

自分もちょっと興味があって調べてみたけど、とても自分ができそうにないので

これからもなにかあったら
頼むよ、牛田。

よみうりカルチャーが再開されました

IMG_7798.jpg
新型コロナウィルス感染症拡大で講座も休止中だった
よみうりカルチャースクール。濃厚接触が伴わない講座から再開されました。
私の色鉛筆講座もゆるゆる
開始となりました。

カーネーションやトルコキキョウをモチーフに持っていきました。

受講生の皆さんの気持ちになるため?
家でモチーフを組んで描いてみた!

古典的に・・・

なんか布なんか垂らしてセザンヌっぽい?
巨匠を引き合いに出して申し訳ありませんが・・
 なんとなく心が静まっていい感じです。作品のできはともかく。

それからポストカードにこれは色鉛筆オンリーで。

IMG_7790.jpg

IMG_7789.jpg


入学祝

102569828_2456309411139454_3152569530550322958_n.jpg

お孫さんが小学校に入学されるということで
この白孔雀をお求めいただきました。

栃木県庁新築の際にロビーのモニュメントとして江口週先生の木彫が納められました。そこに使われた樹齢400年近い日光のトチノキの枝板に日光杉並木の倒木から取れた杉板をはって支持体としました。
今ではもう手に入りません。ご縁があって分けていただきました。
作品を作ったのはもう10年近く前のことです。
自分でも気に入って手元に置いてありましたが
この作品を気に入っていただきました。

私も、その可愛いお孫さんの成長をぜひこの作品に見守ってもらいたいな、お守りになってね、とそんな気持ちで
少し手を入れてお納めしました。

そうしましたら
就学前のそのお孫さんから
素敵なお手紙と絵が!

102911854_2456310687805993_6416217311992826940_n_convert_20200608121606.jpg

わお!!

小学校に行く前からこんな文章が書けるなんて・・・

さらにさらに孔雀をたくさん描いて送ってくれたのですが

103255305_2456310577806004_2546270414660229022_n_convert_20200608121624.jpg
102380645_2456310491139346_6481128377045408933_n_convert_20200608121545.jpg
101990267_2456310621139333_5744050273562128733_n_convert_20200608121525.jpg
101695618_2456310494472679_308603112199494085_n_convert_20200608121505.jpg
101423063_2456310764472652_1034196325464095576_n_convert_20200608121447.jpg
83059928_2456310681139327_5912530900630316515_n_convert_20200608121424.jpg

え~!
なんというクオリティの高さ。
幼稚園生だったのですよお。
就学前の・・・。

嬉しい気持ちより先に魂消た。

すごいなあ・・。
すばらしいなあ。

でも、結局、新型コロナ感染症拡大の影響でなかなか小学校には行けなかったんですよね。

6月に入ってやっと本格的に学校に行けるようになったんですよね。

お休みといっても友だちとも遊べなかったし、本当によく我慢したね。
小さな手でがんばります!って書いてくれたその気持ちを思うと胸が熱くなります。

これからいろいろなことがあると思いますが
どうか幸せに力いっぱい育っていかれますよう。
心から祈ります。
私の孔雀も見守ってあげてね。

塗り絵チャレンジ 栃木の医療従事者に感謝を

IMG_7738.jpg

下野新聞に塗り絵が大きく掲載されていました。
メッセージはもうずいぶん前から募集されていたようですが、
今回は花の塗り絵をサイトに投稿して
新型コロナ感染症対策に力を尽くしている医療、介護の関係者、
そして、その方たちを支えるご家族や、周りの皆さまにもエールを送りましょう!という企画です。

私はカルチャースクールで色鉛筆の講座を持っているし、塗り絵も時々教材にしています。

そんな自負?もあってやってみました。

A4の紙使ってダウンロードするのではなく、せっかくだからと大きな新聞紙を塗り始めたら

ううう
難しい。紙も薄いし・・。
これはまずい、沽券にかかわると焦りました。

で、なんだか塗り絵っぽくなくなってしまいましたが・・これはこれで・・
投稿もうまくできたんだろうか?

もともとは

この用紙
IMG_7740_convert_20200605182552.jpg


下野新聞soonさんの#とちぎの医療従事者に感謝を のサイトです。

【おうちギャラリー Gallery art home】最終第5日目

早いものでおうちギャラリーも最終日となってしまいました。

今日は、ご依頼を受けて納めさせていただいた天井画、襖絵、壁面図。
それぞれ建物に納めさせていただいたものです。

かなり大きなものなのでそれなりに苦労もありましたが、ずっと建物と共に残り、皆さまの目に留まると考えると
とてもうれしいです。

このブログでもご紹介したと思いますが
改めて・・

龍(天井画) 
IMG_0012_convert_20200603134804.jpg

虎歩竹叢
IMG_0030_convert_20200603134820.jpg

虎図
IMG_2223_convert_20200603134838.jpg

【おうちギャラリー Gallery art home】第4日目

4日目は猫の絵です。
猫はたくさん描いています。
猫の絵展に参加したり、猫の絵だけで個展を開いたりもしました。

物心ついた時から家には猫がいました。
真っ白な猫でチロと名付けました。
私はチロと育ちました。
 結婚して子供ができてから
アメリカンショートヘアーの雄猫を飼いました。
アレキサンダーとたいそうな名前を付けたこの子は、我が家の子どもたちと暮らし
23歳まで生きました。

それでは猫3点。

IMG_7198 (3)

IMG_3435.jpg

IMG_3307.jpg

たくさんあったので選ぶのが大変でした。


おうちギャラリー 3日目 水墨の巻

【おうちギャラリー Gallery art home】
第3日目

今日はそもそも、
自分が今のように毎日絵を描き出すきっかけとなった作品をご紹介します。

2011年、東日本大震災があった年です。
ボランティアで被災地を訪れた私はその光景に言葉を失いました。
次の日が大潮を迎えるということで、自衛隊員が横一列になって長い棒を持って遺体を探す、
そんな姿も目にしたのでした
。自然の前にあまりにも人間は無力だと思いました。

家に戻ってからその景色に色を載せることができず
モノクロームの墨で初めて、墨絵を書いてみたのです。
その絵が仕上がったタイミングに現水展の公募があり、
ダメ元で出品したのがこの絵
とうが立っておりますが新人賞をいただきました。
ISHINOMAKI 2011.4.2

IMG_0070_convert_20200601104614.jpg
このブログでもすでに紹介させていただきましたが。
その後ご縁があって私の墨絵で襖絵などを注文してくださる方と出会い、
ほぼ毎日絵筆をとるようになりました。
別にずっと、ご注文いただいたり
絵が売れ続けているわけではありませんが・・とほほ

こちらももうご紹介の「タナトスの羽音は聞こえず」
2018年に現水展で東京都知事賞をいただきました。

IMG_3915.jpg

最後はまた少しさかのぼって古い作品。
福島第一原発の事故をうけて自然の前での人間の力の限界とか、
移ろいゆくものとか・・その時の思いを表現してみました。
自分にとって、廃墟、工場風景も心惹かれるモチーフなのです。

FUJI-3
IMG_2174.jpg





プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR