FC2ブログ

2015年08月

        

和の都 宇都宮アートフェスト

category - イベント
2015/ 08/ 27
                 
img159_convert_20150827104512.jpg

中村獅童さんが宇都宮にいらっしゃるということで

こちらのイベントにいそいそ出かけてまいりました。

なにしろ
会場が
私の大好きな大谷資料館

大正8年から昭和61年までの70年間
大谷石を掘り出してできた
巨大な地下空間です。

震災の後しばらく公開かなわず
やきもきいたしましたが
現在また一般公開されるようになり、

コンサート、美術展、演劇公開、地下教会、
はたまたロケ地として映画やドラマが撮影されたり・・。

獅童さんも
写真集をこちらで撮影されたとか。

そんなこんなで使い方無限大のスペースなのです。


lrg_10091052.jpg
 
天井高く荘厳な雰囲気

DSC01765_convert_20150827104557.jpg

壁に石を切り出した跡が残ります。

昔は人の手で彫って
運んでいたんでしょうねえ。

E5A4A7E8B0B7E8B387E69699E9A4A8_convert_20150827104640.jpg

なんとなく
古代遺跡を思わせる

幻想的とも評される空間です。

一番初めに
美術展として記憶にあるのは
ウォーホールだったかな・・。

今回は
の空間の中

八坂神社雅楽会と和歌、
および邦楽ゾリスデンの演奏と
宇都宮所縁の百人一首の朗読とのコラボレーション

そして中村獅童さんの話と舞・・というメニューでした。

演目は雨の五郎

曽我十郎・五郎の仇討をもとにした舞踊でしたが

雨模様の夜にふさわしい舞でした。

蛇の目のあしらいも美しく
途中の立ち回りの荒ぶりに
想い人のいる廓に通う艶っぽさが柔らかに調和してさすがだなあ
とうっとり。

あ~
歌舞伎 観に行きたい。


            
スポンサーサイト
            
                                  
        

画鬼 暁斎展

category - 展覧会
2015/ 08/ 12
                 
IMG_5157.jpg

三菱一号美術館で開催中の「画鬼・ 暁斎展」のwebイベント
「青い日記帳×画鬼・暁斎展 ブロガー特別内覧会」に参加してまいりました。

展覧会がはじまってすぐ見に行ったのですが
後期の作品入れ替えも気になっておりましたので
渡りに船の企画!!

IMG_5158_convert_20150812134459.jpg

Takさんと担当学芸員の野口玲一さん 暁斎とコンドルを熱く語ってくださいました。

                     

私の乏しい知識での暁斎は彼の初めての師、国芳の浮世絵とごっちゃになっていて
妖怪絵のイメージが強かったのですが、こんなに真っ当な・・? 作品がたくさんあるなんて!!

そして
維新後の日本が招聘した建築家コンドルとの交流の記録がとても面白く新鮮でした。

ここ三菱一号美術館もコンドルゆかりの建物

IMG_5140.jpg

そして
時代はまさに鹿鳴館。
国の威信を欧米列強に示すためにも
本格的な洋風建築が求められた。

コンドルの手がけた建築の平面図や鹿鳴館の調度
時代の勢いを感じます。

※会場内の写真は主催者の許可をとって撮影したものです。
IMG_5114_convert_20150812143443.jpg
IMG_5115_convert_20150812143530.jpg
 

そんな時に出会った二人。



IMG_5113_convert_20150812144017.jpg

この奥の絵が
暁斎が世に広く認められるきっかけとなった 100円鴉

博覧会に出品され、最優秀の賞をとったこの鴉の絵に対し
暁斎は当時破格の高値であった100円という値段を付けた

そして暁斎の人気は盤石のものに。

IMG_5144_convert_20150812145206.jpg


鴉の注文が殺到したらしいです。

そして、なんと
あのコンドルが!!
暁斎に絵の弟子入り・・・

しかも半端でない上手さ。

IMG_5118.jpg

コンドルは暁斎の一文字をもらって暁英という雅号を持ち
暁斎の鯉の写しを残しています。

野口氏曰く 「暁斎よりうまい部分があるという声もあるほどで・・」

IMG_5121_convert_20150812151229.jpg

左端がコンドルがお手本にした鯉図  自由な視点が東洋的
なんでもすいすいかけちゃう人ですね

IMG_5119_convert_20150812152715.jpg


また
コンドルとの交流に戻りますが
こんな絵日記も展示されていまして
(山口晃さんの戯作日記みたいな・・というかこちらが古いのだけれども)

コンドルとなにした、かにした どこ行ったがそれはそれは楽しそうに綴られていて
思わずほっこりします。

さてさて
展覧会は
このほかにも見どころ満載

IMG_5154.jpg<

IMG_5141_convert_20150812152926.jpg

IMG_5142_convert_20150812153011.jpg

わずか3歳で歌川国芳に弟子入り
その後狩野派の技術習得にも早熟の天才振りを見せた暁斎の面目躍如の作品が並びます。

どうしたらこんな線がかけるようになるのかしら。




IMG_5148.jpg

こんな仕事まで!

暁斎の銘もなく、偶然下絵があったので暁斎の作とわかったという・・・
当代きっての売れっ子 
絵が描けるなら、ある意味なんでもありなところが 画鬼 たる所以

それから下の右の絵、オオカミが生首を加えているのですが・・

IMG_5149.jpg
 
これも素敵なエピソードの作品。

数えでわずか9歳の暁斎が
神田川に絵を描きに行った際
なんと生首が流れてきた

おびえるどころか
これはいい画材を手に入れたと大喜びで持ち帰り
隠しておいたのを家人に見つかり
返して来いと(これも可笑しい・・なんとなくおおらか・・)

そんなわけで
暁斎
本物の生首、そして狼とも遭遇したことがあるという
写生を重んじた教えを受けたという暁斎らしいエピソードがじんわりくる一点。

でもこの首ホントによく描けてます・・



メトロポリタンから里帰りの作品
もちろん河鍋暁斎記念館所縁の作品
様々楽しめるのですが



やはり暁斎
妖怪ものがないとね~

人間の身体が腐っていく九相図、卒塔婆小町図ももちろんありました。
会場でご覧くださいね。

IMG_5146_convert_20150812153113.jpg



IMG_5152_convert_20150812153334.jpg

IMG_5147.jpg

IMG_5153.jpg

やっぱり
いいなあ~~!!





それから春画のコレクションも展示されています。これがなかなかキュートで・・。

IMG_5155.jpg

そして
ミュージアムショップではこのアロハが売られています。

井浦新さん、山下裕二さんがお召しになってましたね!
是非ゲットしたいものです。
IMG_5143_convert_20150812153042.jpg



記念撮影してみました。
IMG_5156.jpg

 
  画鬼・暁斎展 
  三菱一号美術館  〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
  2015年6月27日(土)~9月6日(日) 
  10:00~18:00 月曜休館






                         
                                  
        

NEKO HANA展写真

category - 個展
2015/ 08/ 11
                 
個展の会場の作品をアップさせていただきます。

11813254_614532988650448_5059315301450721450_n[2]_convert_20150811174505

後ろに見えるのは
ドラードさんでも展示したヘンリー8世シリーズ。

その他のこの展示会のために描きおこした作品たち
ハガキサイズの小品ばかりですが

FullSizeRender+(217)_convert_20150811174112.jpg

FullSizeRender+(216)_convert_20150811174042.jpg

FullSizeRender+(208)_convert_20150811174006.jpg

FullSizeRender+(207)_convert_20150811173941.jpg

FullSizeRender+(206)_convert_20150811173911.jpg

FullSizeRender+(205)_convert_20150811173835.jpg

FullSizeRender+(203)_convert_20150811173714.jpg

FullSizeRender+(202)_convert_20150811173642.jpg

FullSizeRender+(204)_convert_20150811173756.jpg

FullSizeRender+(200)_convert_20150811173453.jpg

FullSizeRender+(199)_convert_20150811173407.jpg

FullSizeRender+(198)_convert_20150811173320.jpg

FullSizeRender+(197)_convert_20150811172609.jpg

FullSizeRender+(195)_convert_20150811173239.jpg

FullSizeRender+(194)_convert_20150811172448.jpg

FullSizeRender+(193)_convert_20150811172712.jpg

FullSizeRender+(192)_convert_20150811172317.jpg

FullSizeRender+(190)_convert_20150811172208.jpg

FullSizeRender+(189)_convert_20150811171847.jpg

FullSizeRender (191)


こんな感じ

あれ、ぬけてる子がちょっといるな・・

ヘンリー8世コスプレシリーズが9点
墨、色鉛筆、ペン主体の作品が25点です。

会場がきれいで素敵です。ワインの会も開催されました。
飲めない私ですがいろいろな方とお話出来て楽しかったです。

IMG_5106_convert_20150811180841.jpg

IMG_5105_convert_20150811180803.jpg

なにを語っているんだか、松江!!










                         
                                  
        

花鳥風猫 NEKO HANA展

category - 個展
2015/ 08/ 06
                 
11403347_663190663816860_6284824047699788842_n_convert_20150806122643.jpg
本日より
個展開催です・

会場は那須のすてきなカフェ
ティーガーデン ナチュールさん


IMG_4182.jpg

店内風景

FullSizeRender (172)

FullSizeRender (177)

窓からの那須の自然も
マダムが丹精したお庭も
コーナーまでこだわったインテリアもみんな素敵

絵を飾るスペースは
カフェの隣の部屋

IMG_4913_convert_20150806122845.jpg

FB友だちで那須在住の五関純子さんのご紹介です。

ウェディングプランナー、イベント企画、そしてご自身も書画を制作されています。


ナチュールさんが、
これから貸しギャラリーを始めるとあって
こけら落としの展示会です。

マダムも私も猫好きとなのがわかって

猫で行こう!ということに。

此処にマダムのお花も飾りましょうと・・

IMG_4914_convert_20150806122927.jpg


窓が多い部屋なので
大作の絵は難しいかも


FullSizeRender (169)


FullSizeRender (183)


FullSizeRender (185)
FullSizeRender (170)


室内こんな感じです。

東京でのキャットアート展の作品に
新作の小品を
墨や、色鉛筆、ペンで描きました。
全部で34点です。

個々の作品は後ほど・・