FC2ブログ

2014年04月

        

バルテュスナイト

category - 展覧会
2014/ 04/ 30
                 
日本で三度目、没後初めてのバルテュス展に行ってまいりました。

特別企画なので
バルテュス夫人節子さんのフォトセッション付き

   ※これからの写真は主催者の許可を得て撮影いたしました。

さん笑顔節子_convert_20140430114752

バルテュスの美神 ミューズ 節子さん。
なんてお綺麗な!

幼いとき写真で見て
エレガントで静謐なタッチで・・・でも、エロティックな絵ととらえてずっと心にひっかかっていたバルテュス。

本人はそういわれることを嫌っていたようですが・・

でもエロは芸術の基本では・・?



失礼しました。

展覧会はバルテュスの人生に沿って構成されていて解りやすい。

まずはこれ!
なんと1921年 11歳の時の作品

     みつ_convert_20140430115306

愛猫ミツの物語。ポーランド貴族の血を引き、幼いころから両親の下様々な芸術家の影響を受けてきた少年。実父と別れてからは詩人リルケが義父となりましたが、そのリルケが序文をつけた40枚の素描からなる物語。


彼のテーマの一つ 猫がここに堂々と登場してますね。

それにしても
彼の才能も
環境も
並はずれてます。

たんす_convert_20140430114941

箪笥には中国風の模様

公園_convert_20140430115823

彼の永遠のテーマ  絶対の美の境地 少女が登場してきます。


バルテュスの神秘  こちらには有名な絵が並びます。
このあたりの絵が見たくて
30年もまえだったかしら、京都まで行ったっけ。
日本初のバルテュス展

バルテュス嵐が丘_convert_20140430115101

嵐が丘の挿絵 いわゆるバルテュス的なものが網羅されている


そして
遠くを見つめる少女たち
私たちは
バルテュスのように鑑賞するだけ

本表紙_convert_20140430120445
 美しい日々


キャサリン_convert_20140430114653
キャシーの化粧  鏡の中のアリス

ありえない週_convert_20140430114502
ありえない週 原題は「木曜が4日ある週」・・ありえないね!
 
ポスター_convert_20140430115226
夢見るテレーズ・・実際にカメラマンがモデルにこのポーズを撮らせて画面を再現した写真を見たことがあります。
やっぱりエロチックでドキドキしちゃいました・・

立つ少女_convert_20140430120513

部屋 裸体だけど赤い靴下を履いていて白いタオルとともにアクセントになっている。
それにしてもなんて堂々としているんでしょう。
カタログではバルテュスの敬愛するピエロ・デッラ・フランチェスカの慈悲の聖母を想起させるとふれています。

おさかな_convert_20140430114536

出ました、猫ちゃん。本邦初公開!
パリのオデオン広場のシーフードレストラン「ラ・メディテラネ」に掛けられていた。
ボートの少女のモデルはジョルジョ・バタイユの娘、ローランス・バタイユ。
 
それから
ブルゴーニュのシャシー・・いちばん多作な時代、
読書_convert_20140501083645

胸像_convert_20140430115716

静謐_convert_20140430120057



田舎暮らしから生み出された風景画もいい

風景_convert_20140430120241



それにしても
お城暮らしです。

その暮らしぶりも神話といわれる所以。

バルテュスを「20世紀 最後の巨匠」と評したピカソも
お城に住んでたっけ・・・

羨ましい!



文化大臣アンドレ・マルローからアカデミー・ド・フランス館長に任命され
ローマへ移ります
そして節子さんと結婚。

彼のジャポニスムが結晶するかのよう。

節子_convert_20140430120132
 歌舞伎や浮世絵の影響の見られる衣装、ポーズ。モデルはもちろん、ミューズ節子夫人
 
 日本画のような画面処理、そしてマティエール。
 
壁_convert_20140430120317
壁のマティエール、ざらっとした質感が日本画のよう。

トランプ_convert_20140430115017
歌舞伎の1シーンみたい


そして彼以外は入ることを滅多に許されなかった聖域、
ロシニエールのアトリエが再現されています。

彼の愛用の品もそのままに。
自然光にこだわった作家らしく大きな窓が目を引きます。

部屋はいつ巨匠が戻ってきてもいいように
待ち続けているようにも見えます。
 
アトリエ3_convert_20140430114051

アトリエ7_convert_20140430114356


素描も魅力的でした。

自画像_convert_20140430115914

整った顔立ち! の自画像です。

 
かつしん_convert_20140430114611

勝新太郎からのプレゼントの着物も展示されてた

ポートレート__+1_convert_20140430115147

着るとこんな感じ?
素敵なご夫妻。


ミュージアムショップもまた楽し。
今回の目玉、節子夫人仲良しのクリスチャン・ルブタン制作のサンダル。
バルテュスの愛用サンダルを基に作られたもの
るブタンのサンダル_convert_20140430115334

是も欲しい
「街路」の立体模型
街路_convert_20140430115501


バルテュス展

2014/4/19(土)~6/22(日)  東京都美術館
2014/7/5 (土)~9/7 (日)  京都市美術館




            
スポンサーサイト
            
                                  
        

個展を開きました

category - 展覧会
2014/ 04/ 17
                 
               こてん17_convert_20140417123752

上三川の「ぎゃらりぃ萌」で
久しぶりの個展でした。

2014.4.4(金)~13(日)


築420年の古民家です。
オーナーさんからは去年から声をかけていただいていたのですが

作家がだらしなくて
のびのびに。


さて会場風景


                     こてん4_convert_20140417125915
                     
                     こてん14_convert_20140417124554
 
                     こてん13_convert_20140417124318

太い梁がいい感じです。

                     こてん8_convert_20140417124012





前回このブログにアップした桜も出品作。
というかあの桜の絵たちが最新作。

桜がテーマのはずが、
情けないことに作品間に合わず、
かなり古い作品もならびまして
皆様にお叱りを受けそうでした。


こんなのとか・・

               こてん12_convert_20140417124231




囲炉裏のある土間に
最近の墨絵を中心に大きめの作品を飾りました。


            ___20140417125221ff3.jpg

友人がせめても・・と本物の桜の枝を届けてくれました。

            こてん3_convert_20140417123913


小物たち

           こてん18_convert_20140417130452

           こてん20_convert_20140417124746

           こてん19_convert_20140417124709

 
遠くまで観に来てくださった皆様、本当にありがとうございます。


                         
                                  
        

桜2014

category - 着彩画
2014/ 04/ 17
                 
 桜の季節もそろそろ終わりですね。

 本当に毎年
 
 あっという間に訪れ
 日本中を狂喜させて散っていく花の季節

 いつからこんなに桜が好きになったんだろう。                  


                  

                 こてん22


 そんな花の季節に
 桜の花の展示会を開きたいと思いました。



          桜ハ_convert_20140417110226


 実際は作品間に合わず
 
 情けない!

 桜は小品ばかりの個展になってしまいましたが・・・


       桜ロ+(1)_convert_20140417110409


                         こてん23



                         こてん30_convert_20140417124825





   一重、八重、咲く時期もすこしずつ違いますが
   
   それぞれ妖しく美しい。


              こてん29

青空の下の桜も綺麗。




             こてん25

夜の桜も怖いくらい素敵

あちこちでライトアップされてますね!

これは孝子桜のイメージ  実際は下から光を当てているからこんなふうにはみえないけど。



獨協大学病院の桜並木はあたしのお気に入りスポット
季節を変えて描いてみました。


        こてん26

        こてん28

        こてん27



                  桜の下の美しい人
                  
                  こてん21



        木に描くのも一興かなと・・・

                  こてん5_convert_20140417110552

        栃木県庁ロビーの江口週先生の船の彫刻で使った樹齢300年のトチノキ
        余りをいただいて漆ぬったり遊んでみました。