FC2ブログ

2014年02月

        

ラファエル前派展

category - 展覧会
2014/ 02/ 26
                 
テート美術館の至宝 
ラファエル前派展 英国ヴィクトリア朝絵画の夢・・なんとも魅惑的なタイトルを冠した展覧会の鑑賞会に参加してまいりました。

今や日本のアートスポット六本木

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ 森タワー52階)

から六本木ヒルズ52階


夜景が綺麗。

真下を覗くとくらり・・


始まり
美術館に足を踏み入れるのは
オペラの始まりのようにワクワクします。
   
     ※作品の撮影は主催者の許可を得ております。


アーサー・ヒューズの「9月の恋」が目に飛び込んできました。
大好きな絵です。
複雑な娘の表情、蔦の葉の緑と青の衣装の響きあい。

この展覧会ではラファエル前派の作品を 歴史・宗教・風景・近代生活・詩的な絵画・美・象徴主義 
と項目別にひも解くように構成されています。

一番目の歴史の部に
あの!
オフィーリアも。
オフィーリア人気
さすが一番人気。
なかなか作品の撮影できませんね・・・

オフィーリアブログ2
言わずと知れた
ミレイの「オフィーリア」

何枚のオフィーリアの絵が存在するのか・・
超人気のモチーフ場面ですが、

この瑞々しいオフィーリア
やはり不動の人気、うなずけます。

モデルになったシダルの苦労話・・・浴槽に何時間も浸かって・・・読んだ記憶があります。

そして周りの木々、草花の美しさといったら!!

そしてオフィーリアの隣がこれまた白眉の素晴らしさの「マリアナ」
ブルーベルベット
ステンドグラス・金の壁紙・豪奢な刺繍、憂鬱そうなマリアナの豊かな体を包むドレス・・手触りが感じられるベルベットの滑らかさ。迫真の描写がかちりとはまって抑圧されたマリアナそのものを際立たせています。

ちょっとちがうけどブルーベルベットのメロディが頭に響いちゃいました・・?

オフィーリアブログ

しつこく・・そして奥に見えるのがコールデロンの「破られた誓い」この絵も好きだったな。


会場

新しい解釈の宗教画が並びますが
現代の私たちにとってはこの作品群も古典の名品ですね。

額縁3
額縁2


そして作品を縁どる額縁も凝ってる。

額縁

素敵


風景です。
風景

自然の美と切り離せないラファエル前派の作品。
さまざまな画家に影響を与えたようです。
私はダイスの海辺の絵が好きでした。

風景1

テート美術館



当時の風俗、社会問題を扱った作品。さまざまな寓意に満ちていてじっくり観たい。

婦人問題

破産


そしてやはりラファエル前派といえば、
ファムファタール
スタナー(唖然とするほどの美女)

美しきミューズたち


これも完璧な横顔
横顔

正邪


ロセッティのベアトリス  プロセルピナ
ラファエル前派のランドスケープ!?
ロセッティ

ぐるりと美女たちに取り囲まれちゃう展示

1美
美2


作家と恋人たちの人物相関図
複雑なドラマは今の番組より面白いかも
相関図

主演の三人 イケメンですね!

三人



ラファエル前天使


昨年は大好きなモリスの展示もみましたし、関連づいた企画が続くのはありがたくうれしいです。

それから、
モデルを使った「オフィーリア」の映像インスタレーションも!
ラファエル前派映像

こちらは期間限定でしたが・・



ラファエル前派展、4月6日まで、お見逃しなく!



            
スポンサーサイト