FC2ブログ

2012年05月

        

薔薇

category - 色鉛筆画
2012/ 05/ 22
                 
DSC_0277_convert_20120522135028.jpg


薔薇(色鉛筆)


 今日は寒い日です。

 バラがとても美しい季節になりましたが、
 今日は雨に濡れています。


 私はバラというと、「星の王子さま」を思い出します。

 王子さまの星のたった一本の花。

 地球に降り立った王子さまは、星に残してきたうつくしいわがままな花を
 本当に、特別な存在だと思っていたのに、この地上にあるありふれたバラと同じ花だった・・・

 でも、王子さまは自分のバラが
 やっぱり自分にとって世界に一つの特別な存在であることに気付く・・・


 そしてまた流れ星のように消えていった王子さま。

 
 初めて読んだのはいつだった?

 なんとなくもの悲しくあまり好きになれなかった・・・

 でも、何度となく読み返してきた本。

 いまでも、ときどき手にとってやっぱり
 ちょっと泣いちゃったりします。

 そのころわからなかった愛がしみじみと広がります。

 ヒツジ、ヒツジ、花を食べちゃわないように!
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

消える子ども

category - 水墨画
2012/ 05/ 16
                 
img029+-+繧ウ繝斐・_convert_20120516112529
   

  今朝、NHKで子どもが消える!・・・というショッキングなタイトルの特集がありました。

  一瞬、「神隠し」なんて言葉が頭に浮かびました。



  内容は、超自然的なことではなく、経済的なことで夜逃げをした一家や、DVで夫の元から子どもごと
  身を隠した女性など・・さまざまな要因で住民票も移さず忽然と姿をくらました人々の話でした。

  学校では、ある日突然、子どもが教科書なども置きっぱなしのまま学校に来なくなる。先生が家庭を訪ねて
  行くと言えはもぬけのから・・という状況。これをさして子どもが消える!という表現が使われたわけです。

  友だちに何も告げることができず今までの日常から切り離される子どもたちのことを考えると
  心が痛みます。




  でも、それとはうらはらに

  どこか、誰も知らない遠いところに行ってしまいたい。
  今の自分をリセットしたい・

  こんな思いもまた、誰の心にも潜んではいないでしょうか。



  蒸発・・なんて言葉もありました。



  切羽詰まった方からはそんな呑気な話ではない!とお叱りを受けそうですが。



  
                         
                                  
        

母性

category - アクリル画
2012/ 05/ 15
                 
母子像
        
               母子像


  母の日も終わりましたが・・・
我が家、イベントなかったなあ~

子どもたち、家から出ててそれぞれ忙しいんだろうけど・・
さすが、私の子どもたち!!    

確かにいいお母さんじゃないからね~

なんがか、ほったらかしで育てちゃって、深く反省してはいるのですが、
時間を取り戻せたとしてもまた同じことになりそうな。

どうしてかなあ・・

もっともっと話をきいてあげたり、おもいっきり遊んであげたり、やれることはたくさんあったような・・

でも、いい子たちに育ってくれたと思います。

ありがとう!

それにしても、早期教育?的なことはことごとく失敗したような・・
私自身が根気がないのが第一要因だったかも。
家のお手伝いだって、はじめからきちんとできるはずはないのだから見守る度量が必要なのに、
待てなかったような気がします。

自分も家事全般苦手だし・・。


そんなこんなで、もう、これからは、彼ら自身の学ぶ力生きる力に期待します。って育児放棄的な
感じ?