FC2ブログ

アトリエ松江

おもえば、小さなころから絵をかくのが好きでした。自分を表現するのに一番身近な手段だったかも。そんな私が描いた作品、日々思う事柄・・そんなことが綴ってあります。読んでいただけたら幸いです。
アトリエ松江 TOP  >  展覧会

金谷美術館コンクール

IMG_4960.jpg

金谷美術館コンクールの案内を初めて知ったのは3年前になります。よみうりカルチャーに仕事で行った時でした。10号という作品の大きさも取り組みやすく。軽い気持ちで応募させていただきました。
http://kanayaart.com/



金谷美術館も初めて知った次第。
南房も訪れたことがありませんでした。

IMG_4934.jpg

実際の美術館。こじんまりとしたたたずまい。でも、とてもやる気を感じる美術館です。このコンクールにもそれは表れていると思いました。
近くの鋸山も時間を作ってぜひ行ってみたい!!

IMG_4269 (3)

これはリペルペーパーに描いた水墨画です。
滲まない紙なので
あまり水墨っぽくないです。
「カーニバル」
何度かモチーフとしたヴェネツィアの水辺の教会です。

特選をいただきました。

2019年3月9日 表彰式に出かけました。
自分の作品が飾っていただけているところを見るのは嬉しい。

IMG_4935.jpg

審査をしてくださった方の感想コメントもあり、これまた励みになりました。
IMG_4938.jpg


こちらは金賞など、上位入賞の皆様の作品。さすがです。自分も負けずに頑張らねば‼と、思いました。

IMG_4940.jpg

スポンサーサイト

ネコンペ展

IMG_4673.jpg

新春第2弾は猫の絵の展示会です。

猫の絵はずいぶん描いてきましたが
リペルペーパーでかわいいだけではない野性味ある黒猫を描きたいと思いました。
ただ、鉛筆で描き始めましたが
なかなか鉛筆で強い黒の諧調まで至らない。
かといっていきなり墨で塗りつぶすのも・・・

IMG_4669.jpg

なんとなく優柔不断なところが出てしまった・・

スズメは結構好き。

単なるリアルではない
墨絵の単純性も欲しかったのですが
難しかった。

ちょっと自信なし。

会場風景です。


IMG_4680_convert_20190124165559.jpg

IMG_4679_convert_20190124164541.jpg

IMG_4689_convert_20190124164706.jpg

IMG_4688_convert_20190124164644.jpg

IMG_4687_convert_20190124164626.jpg

IMG_4686_convert_20190124164607.jpg

最近の展覧会

ここのところ
チャイルドラインでも大きな会議があり
なかなかハードな日々でした。

そんなこんなで行きたい展覧会やお世話になっている方の展示も多々見逃しがち・・ぐすん。

なんとか行けた展覧会から

IMG_4429_convert_20181216105943.jpg

丸善本店ギャラリーの永山裕子&Rhea Standke 二人展
永山さんの水彩画教本?を偶然本屋さんで何年か前に手に取った。
その時の衝撃は忘れられない。
初めて生で作品を見たのは一昨年のことで
ファンです、ともいえないくらいですが、水彩の美しさ奥深さに改めて目が開かれた思いでした。

IMG_4423.jpg

ご本人もとても美しい。

IMG_4426.jpg
IMG_4424.jpg

指導されている生徒さんもたくさんおいでなので大盛況です。
本の他に筆もプロデュースされていた。

IMG_4427.jpg
安住さんシリーズ、たのしい。
そして上手い!!

IMG_4425.jpg
Rheaさんの絵も夢のよう。
そして、この作家さんが本当にユニーク!!
会場で彼女の制作風景が映し出されていましたが、捧腹絶倒!!
そしてなんとも可愛い方。

IMG_4430.jpg

東京ステーションギャラリーでは吉村芳生展
なぜ、ここまで?
やむに已まれぬ衝動、狂気じみた日々の制作。
これも作家だから。
凄かったです。

宇都宮では
ギャラリー絆和で
IMG_4437.jpg
八ヶ岳 夢宇谷からの素敵なセレクトアートがずらり。

IMG_4442.jpg

幸義明さんの作品もたくさん。リーズナブルな銀彩の陶器。圧巻の屏風の迫力。
魅力的な骨董も。

やはり、宇都宮市役所からほど近くの
ギャラリーFamile ファミーユで
三人展
IMG_4438.jpg

やないふみえ、イシモトマナミ、そねちぐさ 童画、切り絵、漆の作品がすてきなハーモニーを。
やないさんとは何度か展覧会でご一緒させていただいてます。

IMG_4440.jpg
IMG_4439.jpg

作品のレベルの高さもさることながら
いつも穏やかに優しく接してくださるお人柄が素晴らしい。
プロとしてかくありたいです、私も。

そうそう、
デュシャンも何とか間に合った!

あまりにも有名な
IMG_4390.jpg

大ガラス
IMG_4389.jpg

IMG_4387.jpg
IMG_4391.jpg

絵画作品の素晴らしさにも感動しました。階段を降りる裸婦・・生で見る絵はやはり力があります。
彼の後世の影響については
私が語る必要もないでしょうから
みた!というご報告まで。

2018念創作者表現展

今年もドラードさんの創作者表現展の時期になりました。


IMG_4144.jpg


今年こそは
時間をかけて納得いくものを・・と考えたのですが
自己流で使いはじめた絹本がなかなか扱えない・・

墨に岩絵の具だけじゃなくアクリルなんかも使ってます。

まず板張りが難しい。
透けて見える絹の
裏彩色の効果とか、裏打ちして仕上げるとどのように見えるか、とかわからないことだらけ。

細く長い線を引くのも難しい。
でも、
絹ならではのぼかしの美しさ、柔らかさは体感できた。

もっと
しっかり美しく
花も人も描写したかったのだけど
小さな画面なので
描きこみにくかった

IMG_4143.jpg


ああ、こんなに言い訳ばかりする自分が嫌だ。

そして気晴らしに?
実は今まで見たことがなかった
「チャングムの誓い」をアマゾンプライムで見てしまった・・長い!!
面白かったけど。
このドラマで根性がつく気がする・・・
というのは
現実逃避でした。

これから頑張ります!

第2回 FUKA展

大阪府富田林市のGallery Blau Katzeさんで
第2回 FUKA展が開催されます。

私も参加いたします。
今回は絹本に
牡丹に遊ぶ天女さんをユルリと描いてみました。

紅牡丹
IMG_4110.jpg

白牡丹
IMG_4109.jpg

オーナーさんとは展FBでお友だちになりました仲間。
自身も絵を描かれる作家さんです。
IMG_4111.jpg
IMG_4112.jpg

案内ハガキ。いつかお邪魔せねば!!