FC2ブログ

イベント

        

2017年ざぶん表彰式

category - イベント
2018/ 01/ 23
                 
第16回のざぶん賞全国表彰式を受け、宇都宮では12回めとなるざぶん賞地区表彰式、ざぶん展が開催されました。
26805427_1584703864943316_2620416482646015330_n_convert_20180123112923.jpg

表彰式に続いて
恒例の受賞者による作品朗読。
原先生がそれぞれの作品にあわせてオリジナルの曲を作曲して、伴奏をつけてくださるという
なんとも贅沢な朗読会なのです。

26804845_1584703861609983_8827439357664515239_n_convert_20180123112950.jpg

これまた恒例
百鬼丸さんも切り絵ライブ。
この作品も太っ腹に会場でじゃんけんをして勝ち残った方にプレゼント!!


ざぶん展会場です。

26815592_1584693571611012_3741608425266493998_n_convert_20180123113032.jpg
26815510_1584693591611010_8653385433937694063_n_convert_20180123113014.jpg

ざぶんにかかわる作品と林実行委員長かかわりの壁画プロジェクトの作品のみのシンプルな展示会場です。

私のアートワーク担当作品
IMG_2294.jpg


            
スポンサーサイト
            
                                  
        

和の都 宇都宮アートフェスト

category - イベント
2015/ 08/ 27
                 
img159_convert_20150827104512.jpg

中村獅童さんが宇都宮にいらっしゃるということで

こちらのイベントにいそいそ出かけてまいりました。

なにしろ
会場が
私の大好きな大谷資料館

大正8年から昭和61年までの70年間
大谷石を掘り出してできた
巨大な地下空間です。

震災の後しばらく公開かなわず
やきもきいたしましたが
現在また一般公開されるようになり、

コンサート、美術展、演劇公開、地下教会、
はたまたロケ地として映画やドラマが撮影されたり・・。

獅童さんも
写真集をこちらで撮影されたとか。

そんなこんなで使い方無限大のスペースなのです。


lrg_10091052.jpg
 
天井高く荘厳な雰囲気

DSC01765_convert_20150827104557.jpg

壁に石を切り出した跡が残ります。

昔は人の手で彫って
運んでいたんでしょうねえ。

E5A4A7E8B0B7E8B387E69699E9A4A8_convert_20150827104640.jpg

なんとなく
古代遺跡を思わせる

幻想的とも評される空間です。

一番初めに
美術展として記憶にあるのは
ウォーホールだったかな・・。

今回は
の空間の中

八坂神社雅楽会と和歌、
および邦楽ゾリスデンの演奏と
宇都宮所縁の百人一首の朗読とのコラボレーション

そして中村獅童さんの話と舞・・というメニューでした。

演目は雨の五郎

曽我十郎・五郎の仇討をもとにした舞踊でしたが

雨模様の夜にふさわしい舞でした。

蛇の目のあしらいも美しく
途中の立ち回りの荒ぶりに
想い人のいる廓に通う艶っぽさが柔らかに調和してさすがだなあ
とうっとり。

あ~
歌舞伎 観に行きたい。