FC2ブログ

お祭りイベント

毎年8月はじめは
宇都宮では
ふるさと宮祭りが開催されます。
運営にはチャイルドラインとちぎも手伝わせていただき
会議から参加しています。

毎年、この法被を着て、警備に参加していますが、
IMG_5900.jpg
 去年から
大和ハウスさんのピザ販売を手伝って、寄付をいただいております

IMG_5879.jpg


この石窯をお持ちで、希望の団体に貸し出し、ピザつくりのノウハウも伝えて下さるオジサマボランティアのグループがあるのです。
IMG_5897.jpg

ハンディキャップのある方の働く作業所から、ピザ台の材料や、販売用の紙箱を仕入れ、そちらでも貢献されつつ。
本当に御世話になっております!

大盛況で忙しくて、
うつ向いて作業しているうちに
お祭りが終わってしまった・・・


IMG_5894.jpg
IMG_5902.jpg

そして
お祭りの現場に行く前の
午前中は
近隣の中学校に、中国の修学旅行生が見学にいらっしゃるということで
そちらにもお手伝いに。

IMG_5882.jpg

日本文化に触れていただこう、と浴衣を貸し出して着付けをして、髪形もアレンジ。
立礼にて茶道の体験、日本の中学生の様々な部活動の様子を見ていただいたり。
あっという間の楽しい時間でした。
地域に中国出身の方がいて
お客様の学校にも日本語が堪能な先生がいらっしゃって
コミュニケーションは苦労がありませんでした。

私たちは身振り手振り、または英語(拙いものですが)で意思疎通を。


合間に団扇に絵付けもしてみた。
実はご注文を受けまして。
IMG_5890.jpg

燕子花と金魚です。

スポンサーサイト

御朱印

IMG_5449.jpg

脳梗塞で倒れて
車の運転、大好きなゴルフ、いろいろあきらめている夫ですが
腐ることなくいろいろ趣味を見つけ出しています。

庭仕事もそうですが
最近の彼のマイブームは

御朱印集めです。

そんなわけで、この辺りで一番メジャーな日光東照宮へ行ってきました。

一人ではいけないので
私と共にです。

パソコンも使えるようになってきたので
下調べバッチリ、
朝8時くらいが空いているということで7時に出発。

60842139_1731302913640111_5933760356106108928_n.jpg

ドドーン!!

平成の大修復を終え、美しいこと。

この門だけで金箔24万枚。

IMG_5453.jpg
IMG_5457.jpg

うっとり

東照宮では3か所で御朱印がいただけます。
でも敷地内の
鳴竜は輪王寺管轄。
頂ける御朱印も。

二社一寺の日光山内の東照宮界隈、なかなか複雑です。


IMG_5456.jpg

眠り猫の奥
家康公の墓の奥宮まで登らないといただけない御朱印も。
これは桂四郎は行けないので私がいただいてきました。
200段以上の石段。
うっかりハイヒールで行った金比羅さんや、フィレンツェのクーポラほどではなかったけど、なかなかハードな道のり。休みながらゆっくりといきました・・。

輪王寺
IMG_5465.jpg

家光公の墓所
大猷院、
二荒山神社までは少し遠い。

IMG_5466.jpg

日差しは強かったが
立派な杉並木に囲まれ清々しい気に満ち溢れています。

大猷院は好きな場所です。

IMG_5462.jpg
IMG_5461.jpg
IMG_5460.jpg

黒を基調とした門、塀がシャープでかっこいい!


そして、実ははじめて
神橋を渡りました。

IMG_5484.jpg
IMG_5475.jpg
IMG_5486.jpg

日光山内の御朱印
季節限定、少し離れた離社など合わせると25種類以上に及びます。
でも、夫も今日一日で12種類くらいいただいてきました。

しかし、御朱印書いてくださる方々、本当に達筆でびっくりです。

IMG_5488.jpg


こんな一日でした。

東照宮界隈は私も大好きな場所。
楽しかったです。

これは、以前頼まれて仕上げた杉並木の絵です。

60959248_1731304213639981_471375899141341184_n.jpg

お花見の季節

IMG_5051.jpg

IMG_5050.jpg

今年も桜の季節となりました。
なんて早いのでしょう。
年が明けたと思ったら、もう4月。


近所の「新川」という川沿いにはたくさんの桜が植えられていて、お花見スポットになっています。



IMG_5145.jpg
IMG_5095.jpg






そして、私の大好きな伯母がなくなりました。

願わくば 花の下にて 春死なむ このきさらぎの 望月のころ

西行のこの歌を思い出すような、
静かな穏やかな大往生を遂げ
本当にうららかな初の日のお葬式となりました。

95歳の母の姉です。
母は20年近く前に亡くなり、
その母、私、私の息子たち
みんなをとても大切に可愛がってくれた伯母でした。
母とおしゃべりするときは賑やかでちょっとシニカルで
でもとても暖かな人でした。

本当に長い間ありがとう!!


桂四郎は長時間のお式はまだ無理で、
桂尭、真尭の二人の息子たちが
告別式のために、有休をとって帰ってきました。

久しぶりに会った親戚は彼らの子どものころしか印象になかったので、ずいぶん驚かれました。

先週はそんな週末。

告別式の次の日、
桂四郎と歩いた新川の桜の写真です。


IMG_5105.jpg
IMG_5103.jpg
IMG_5093.jpg
IMG_5148.jpg


エマイユ初体験

並河靖之の七宝工芸に深く深く感銘を受けておりました。
そして
エルメスのバングルや
懐中時計やアンティークアクセサリーに施されたそれはそれは美しい七宝工芸 エマイユは私の憧れでした。
思い起こせば、高校時代、美術の授業で七宝焼きを体験したことがあったのです。
ブローチや指輪を作ってとても楽しかった!!

あの作品たちはどこへいったのかな??

それはともかく、ドラード企画でエマイユの体験教室が開催との事。
しかもはがき大とかなり大きい・・。
もちろん、参加させていただくことに。

IMG_4879.jpg

ワクワクはしていたのですが、
前日になって、いくら何でも下絵くらいは考えないと・・と思い至り
考えてみました。

アールデコ風の文様
いやいや、私の好きなグラデーションをクレーの作品のように直線で仕切って
3Dの建物の林立の雰囲気なんてどうかしら。
ミュシャの植物と美人が組み合わせも捨てがたい・・

しかし、
自分の不器用さに思い至り、今回は
デザインはありきたりでもシンプルにとりあえず体験させていただこう、ということに。

先生の齋藤直子さんは京都から来てくださった
華奢な美しい方でした。
窯に、たくさんの釉薬、銅線を持ってきてくださって、銅板の下処理までバッチリこなしてくださり、私たちはらくちんな
いいとこどり体験でした。

下絵のとおり銅線を曲げ、のりで銅板に貼って
そこに好きな色の釉薬を載せる。
焼き色の見本も持ってきてくださいましたが、どのようにやきあがるか、焼成してみないとわからない。
焼き方にももちろん、工夫がいって
齋藤先生が月きりで指導してくださる贅沢な時間でした。

IMG_4878_convert_20190227103043.jpg

出来た!!

ガラス質で反射しているので
実際の色とまた違いましたが、
とりあえずここまで。
最後に金でサインもいれて
まあ
作品の質とかは
言われたくない。
いいの。
体験できて
とても幸せ。
今度機会があったら、
構想しっかりねって
下準備をしっかりやるぞ~。

2019年 ざぶん賞

IMG_4844.jpg

今年もざぶんの季節となりました。
もう11月にはアートワークの参加として本部にイラストは送っておりましたが。

おくったのはこちら。

IMG_4323.jpg


今年のとちぎの地区表彰式、ざぶん展は
栃木県子ども総合科学館にて行われました。

ロケットが目印
IMG_4845.jpg


土日は子どもたちがたくさん来てくれました。

受賞者の朗読、原先生のオリジナル曲、すべてが素晴らしかったたです。




会場風景

IMG_4846.jpg



IMG_4847.jpg


IMG_4856.jpg


IMG_4849.jpg


IMG_4853.jpg


IMG_4852.jpg


IMG_4851.jpg

壁画プロジェクトの作品や、林さんが指導に訪れた社会的養護の施設や、盲学校、小規模特認校などの生徒たちの作品も
加わり、展示場も温かく華やかなムードでした。


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR