FC2ブログ

2021年 イースター

今年のイースターは割合早く
4月4日でした。

この日は私たち夫婦の結婚記念日でもあります。
ぞろ目で覚えやすいし、
好きな日です。

でも、毎年なにもしないけど・・

子どもが大きくなってから
誕生日もクリスマスもなにもやってないな・・

やはり日本人なのか、
元旦が一番気合が入っているような・・・

しかし!
あつ森のイースターイベントは頑張りました。




IMG_0030.jpg



コンプリート!


4月1日はゲームやる暇なくて
ぴょんたろうに2日にあったけど、
4日がイースター本番て忙しすぎるだろー
ほぼ4日当日頑張りました。
離島に行ってみたり
島民にしつこく話しかけたり
島中走り回りました。

眠い目をこすりつつ

IMG_0026.jpg


あ、風船落とさなきゃ!

この集中力と根気をどうして普段出せないかなあ。


サブキャラと協力しました
この子のほうが
自分に寄せた顔立ちだ

IMG_0032.jpg



4月に桜が咲いてめちゃめちゃきれいになるのも知らなかった

桜の花びらや桜レシピも集めなきゃ。


スポンサーサイト



お花見旅

夫は車を自分で運転できなくなったので
出かけるのが不自由。

コロナ禍で、ひところ彼のマイブームだった御朱印集めは下火傾向・・
元々近くにしか行ってませんが。

長時間の移動や、歩行も困難なのです。

しかし!

新たな楽しみを見つけました。
お花見です。

去年、近所の桜並木を散策したのを覚えていて、今年も行きました。
まだ、満開には早い時期でした。

でもスマホで写真を撮りご満悦。

そして家に届く企業誌の花の名所特集や、ネットで近くのお花見スポットを見つけては
「今日はここ、明日はここに行きたい」とうるさい。

私もそれなりに忙しいのですが・・。

でも。自分も初めての場所に行けたりして案外楽しいのでした。


夫が見つけたスポット

栃木県真岡市の観光協会さんの写真から
菜の花と桜とSLが同時に見られる絶景スポットです。

あ。ページにも書いてありますね。

IMG_9952_convert_20210401111409.jpg
IMG_9951_convert_20210401111331.jpg

で、もちろん、SLは日時指定の運行で、桜と菜の花も一年中咲いているわけではありません。
とてもとても
わたしたちのようなヨタヨタしたものどもが?混雑をかいくぐってこんな写真を撮ることは無理なので
人出の少ない平日にお花だけを見に行きました。

IMG_9885.jpg

ちょっと、盛りは過ぎちゃいましたが、いい感じです。


IMG_9902.jpg

ほっこりします。

でも、今日もちゃんと三脚立ててシャッターチャンスを狙う方がいらっしゃいました。

なるほど!
真岡鉄道の車両が!

きたきたきたー

IMG_9891.jpg
IMG_9892.jpg
IMG_9893.jpg
IMG_9894.jpg
IMG_9895.jpg
IMG_9896.jpg

1車両だけのミニ電車。
ペインティングもかわいい。

走る本数もそんなに多くないのでラッキーでした。
わーいわーい

で、近くの真岡駅にも足を延ばしました。

IMG_9934.jpg

駅舎も機関車型

IMG_9910.jpg

イチゴのバスもやってきた。

駅にはSLが展示されています。

IMG_9916.jpg
IMG_9928.jpg
IMG_9932.jpg
展示車両に乗ってみることもできるんです。素晴らしい。

スチームパンク・・・

実は工場系。機械系の絵が好きなもので
写真いっぱい取りました。
大収穫。

駅構内には
さっき走っていた電車

IMG_9936.jpg

近くで見てもかわいいね。

駅ロータリーにこんな鉄道神社?
鉄ちゃんたちのご本尊❓的な・・。
IMG_9905.jpg


駅の中にSLグッズとかお菓子とかも売られていて
なかなかにそそられました。

今度は乗車してみたいです。

今年の桜 スケッチ会

桜の名所
東京
神田川、目黒川

初めてのそぞろ歩き

コロナ禍でお花見禁止な今日この頃ですが
ドラードギャラリー榎塾特別講座で神田川近辺のスケッチ会に参加いたしました。

目黒川はその途中立ち寄りました。すごい人です。

IMG_9814.jpg
IMG_9816.jpg
IMG_9824.jpg
コロナ禍がなければ、川下りができて
もっと凄い賑わいでした


さて、ドラードギャラリーそば。

こんなかわいい源平桃が。

こんなにきっぱり花色が違う源平咲き。
すごいなあ

IMG_9849.jpg
IMG_9851.jpg

三色のも!
IMG_9852.jpg


神田川も桜が美しい。

知らなかった!!

IMG_9841.jpg
IMG_9833.jpg
IMG_9831.jpg
IMG_9847.jpg
IMG_9860.jpg

なんて素敵

幹から出ている花をじっくり

IMG_9858.jpg


腰を据えてのスケッチは難しいけど
少しばかり描きました。

IMG_9881.jpg


参加者の皆さんのスケッチ


IMG_9855.jpg


榎先生、小原オーナー
一緒に参加の本多さんと
講評会というか
お茶飲み話というか

めちゃくちゃ楽しかったです。

次の日、写真をもとにもう少し習作を

IMG_9879.jpg


IMG_9880.jpg


モンドリアン展   ~純粋な絵画をもとめて~

まもなく生誕150年を迎えるピート・モンドリアン

それを記念して
日本では23年ぶりとなるモンドリアン展がSOMPO美術館で開催されます。

その内覧会にお伺いしました。

2021.3.23(火)~6.6(日)の会期です。

モンドリアン展 ~純粋な絵画をもとめて~ 

新宿駅からほど近い
SOMPO美術館へと歩きます。

見えてきました!

IMG_9659.jpg

ワクワクします

IMG_9663.jpg



宇宙にとびたてそうな感じ・・
モンドリアン展のポスターが心憎いアクセントだわあ


さて、モンドリアンといえば今回のポスターにも使われているコンポジション。

知らない人がいないモチーフです。
永遠に色あせることがないであろうこのおしゃれっぷり・・

ただ、もちろんモンドリアンも初めからこの画風だったわけではない。
この展覧会はモンドリアンの作品の変遷からこの純粋絵画、抽象表現に至る歩みをひもといています。


1872年オランダ生まれのモンドリアン。
こんなに昔の?人だったとは!!

叔父の影響を受けて絵の世界に誘われます。

20代のモンドリアンの作品です。
自然主義的な風景画のシリーズ。

※写真は主催者の許可を得て撮影しております。

IMG_9684.jpg





しかし、単なる写生とは異なり、画面の構成に興味があることが分かります。
煙突の位置、道の入れ方などに

IMG_9682.jpg

木々のリズムに今後展開する抽象絵画の垂直線のリズムを感じる‥というと深読みしすぎでしょうか。


モンドリアン初期作品がたくさん見られるのはとても興味深いことでした。

IMG_9683.jpg

モンドリアンの少女のポートレートなんて初めて見た!

モンドリアンは
神智学にも傾倒していたようです。
作品はドラマチックに

IMG_9688.jpg
 
精神の内面に向かう思想
フランスのフォーヴィズム、ドイツの表現主義
時代の流れは
モンドリアンにも影響を与えていったようです。

IMG_9686.jpg



IMG_9693.jpg

そして、ヤン・トーロップとの出会いはモンドリアンに多くのものを与えたようです。
詳しくは会場で・・
作品ごとに解説もついています。



キュビズムの作風が感じられる

IMG_9701.jpg






いよいよ
モンドリアンらしくなってきました

1915年
フォン・ドゥースブルフがモンドリアンの作品を称賛する評論を書き二人の交流が始まり
「デ・ステイル」が結成されました。
このグループは機関誌を発行し
モンドリアンの論考
「絵画における新しい造形」が創刊号巻頭に掲載されました。

抽象性
直線
三原色への関心

建築家から音楽家まで参加したこのグループの存在は大きな意義があったと思います。


左は
タイトルも
色面の楕円コンポジション
IMG_9702.jpg

左の「色面のコンポジション№3」 なんともいい感じでした
IMG_9703.jpg

右奥の
風車のシルエットを描いた作品
抽象表現のモンドリアン風ではなかったけど
とても心惹かれた
IMG_9704.jpg

そして、さあ、おまちかね
みんなが知っているモンドリアン

これが100年も前の作品なんて
もう古典??

それにしても永遠に古びない


IMG_9710.jpg

冷たい抽象

モンドリアン自身もストイックな暮らしぶりだったと聞くけれど

この作品たちからは
軽やかな優しさを感じる

もちろん
色面の配置
バランス
ぎりぎりを追及して
厳格な作品であるのだろうが

なんとなく抜け感を感じる

なぜだろう。


オランダ、パリ、ニューヨーク彼の芸術はその地その地で違った側面を見せ花開いた。
そして到達したこの境地

IMG_9708.jpg

IMG_9709.jpg



IMG_9712.jpg


この作品群は

その後の建築、デザインに計り知れない影響を与えた。

会場に飾られた

リートフェルトのレッド&ブルーチェア

かっこいいよねえ
IMG_9711.jpg


これは撮影スポット

レッド&ブルーのほかに
これまた有名なジグザグチェアに
サンローランのモンドリアンルック!

IMG_9720.jpg


建築では
シュレーダー邸が紹介されていました。
まんま
モンドリアンの作品の家。
窓を開けたり暮らしのさまが動画になっていて面白かった~
IMG_9730.jpg


モンドリアンの作品で
本の装丁にピッタリすぎる・・・

参考図書コーナー

IMG_9725.jpg
IMG_9727.jpg

こんなかわいい子も
IMG_9726.jpg


そして、もちろん
忘れちゃいけないミュージアムグッズ

もうデザインする必要ないよね・・
IMG_9666.jpg

わ、なぜか写真が大きい

おまけ
SOMPOさんはゴッホのヒマワリが有名なので
建物がゴッホ風に書かれたポスターが張ってあって楽しかった
IMG_9735.jpg



あらためまして

モンドリアン展
純粋な絵画をもとめて

2021年3月23日(火)~6月6日(日)
SOMPO美術館
〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
https://www.sompo-museum.org/
月曜休館 ただし5月3日(月・祝)は開館
午前10時~午後6時

事前に美術館ホームページより日時指定のオンラインチケットを購入の上ご来館ください、とのことです。

作品は絶対、だれもが知っていますが
その原画がみられるチャンス!
お出かけになることをお勧めしちゃいます。

笹本正明&画塾生展

IMG_9560.jpg


笹本正明&画塾生展
今日からスタートです。


画塾の様子は以前お伝えしましたが


その時作った作品

IMG_9556.jpg

彼方へ



これは以上もうどうしたらいいかわからなくて
これにて終了


そして、
粘土で立体、デッサンをやって
家で一人で描いたもう1点

IMG_9557.jpg
その先へ

あわあわしながら
砂子蒔いたり
雁皮紙貼ったり

そして時間切れ


箱額に入れて、黒い台紙にも金箔散らして
乾ききらないうちに発送してしまった。

写真撮り忘れました・・


会場風景は後程?


プロフィール

matsuehisako

Author:matsuehisako
松江 比佐子

栃木県宇都宮市生まれ
宇都宮市在住

アトリエ松江主宰
読売カルチャー宇都宮色鉛筆画講師

最近は和様のものに魅かれ、水墨画を始めました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR